menu

台北からちょっと小旅行!台中、彰化県、雲林県への旅

今回はたまたま友人の結婚式がありましたので、台中と彰化、雲林県斗六市へと、珍しく一泊旅行で行くことになりました。彰化や雲林へは普段はなかなか行く機会もないと思いますので、今回の旅行で食べた美味しいもの、おすすめ観光地などをまとめて紹介したいと思います。

台中ローカルグルメ、うどん風太麺を食べてみよう

台中で有名なローカルグルメと言えば、日の出のパイナップルケーキや太陽餅といったスイーツを中心に思い出す方も多いと思いますが、もちろん料理でも美味しいものがたくさんあります。

今回やって来たのは、こちら。台中中心部を流れる柳川沿いにある、大麵焿水晶餃さんという、台中名物大麺羹のお店です。

お店の名前がそのままメニューになっていて、看板に価格まで書かれているのが面白いですね。分かりやすくシンプルです。看板では、珍しい焿の字を使っていますが、羹と、おそらく同じ意味だと思います。

お店の入り口で調理されていて、作っている様子がよく見えます。こういうスタイルのお店は台湾はすごく多いですね。

こちらが大麺羹。太いうどんのような麺で、黄色いカレーのような色のお出汁で煮ています。羹とは、ドロッとした、という意味の漢字だそうで、スープはとろみがあります。見た目はこってりしてそうですが、味は意外にもあっさり。お肉で出汁を取っていると思いますが、重くはないです。なぜ黄色いかは謎です。うどんも関西風と言いましょうか、しっかり茹でられていてコシはまったくありません。ふにゃふにゃになるまで煮込まれているので、とろみのあるお出汁とよく絡まって美味しいです。

豚モツの煮物も注文しました。こういった昔ながらの食堂では本当によく見かける台湾の定番料理ですね。注文時に部位で選んで、生姜と甘辛いタレで頂きます。今回は隔間肉にしました。横隔膜の間の部分ですので、つまりハラミです。臭みが全く無く、柔らかくて美味しいです。

こちらは豚の血を固めて作ったゼリーのようなものが入ったスープ、猪血湯です。血といっても生臭さは無く、スープはセロリなどの薬味が少し入ったあっさり中華風味です。豚の血ゼリーは味は特にしないのに、なぜみんな好んで食べるのかはわかりません。鉄分が摂れるからでしょうか。

店頭のキッチンには新鮮なモツがドーンと置かれています。見た目はちょっとアレですが、食べると臭みもなくて美味しいですよ。

ちょうど正午過ぎにお邪魔しましたので、お店は忙しそうでしたが、皆さん手際が良く、待たされることもありませんでした。

大麺羹は30元、スープ20元、モツ肉40元。とってもリーズナブルですね。今回は食べませんでしたが、こちらのお店は水晶餃という、プリプリの皮で包まれた水餃子が有名だそうですので、気になった方はそちらもぜひお試し下さい。

彰化の大仏を見に行こう

さて、お腹もいっぱいになったところで、台中から車で彰化に移動、一番の観光地とも言える、彰化大仏を見に行って来ました。八卦山公園の中の小高い丘の上にあります。彰化駅から歩いていくことも出来ますよ。駅前の繁華街を東に抜けるとすぐです。

駐車場から大仏までは坂道が続いていて、そこに縁日のように屋台がずらっと並んでいます。大腸包小腸や貝料理など、大体同じようなお店が何軒も並んでいます。

台湾の方は、大腸包小腸(もち米の生地でソーセージを包んだホットドッグ的な料理)が本当に好きですね。このお店も流行っていました。

こちらはいろいろな卵料理、というか卵が売られています。大きいものはダチョウの卵です。

お店が並んでいる歩道を曲がると、目の前に大仏がドーーーーン!と現れます。なかなかの迫力ですよね。

写真だと大きさがわかりにくいですが、高さが22mもあるそうで、鉄筋コンクリート造りの大仏様です。奈良の大仏より大きいんですね。

少し小高い場所にありますので、晴れていると見晴らしもいいですよ。彰化市を見渡すことが出来ます。

おもちゃを売る露天商がいて、自力で走る、可愛い自転車のおもちゃもありました。(笑)

お庭の周りには、謎の現代アート風の十二支の彫刻が並んでいるのですが、怖くて正面から撮影するのは止めてしまうくらい、ちょっと不気味でした。そんな、ちょっと奇妙な部分もある大仏様ですが、中はきちんと神様が祀られています。無料で参拝出来ますので、ぜひ覗いて行って下さいね。

こちら側が入り口になっています。大仏の体や台座に窓や換気扇が付いていて、なんだかビルっぽいですね。

背中側から見ると、完全にただのビルですね。ありがたみがないなんて言わずに、さぁ中に入ってみましょう。

とくに寄付を要求されるような雰囲気はありませんし、かなり綺麗に整備されています。この日も数名観光客の方が入って来ていました。

結構狭くて急な階段が続きます。人とすれ違うのも大変ですので、混んでいるときは無理しないようにして下さい。

中には小さい大仏様がいます。お参りして帰りましょう。

お庭は散策するにはかなり広いです。お土産物屋さんもいろいろあるので、休憩がてら見てみるのも良いですね。大仏様の後方には、大成殿といういろいろな神様を祀った建物があります。中は見に行きませんでしたが、こちらもかなり大きいようです。

腹ごしらえは、溪湖の羊鍋へ!

こちらの阿枝羊肉は有名な羊鍋屋さんです。彰化の中心部からはかなり離れていますので、アクセスはあまり良くないです。溪湖という地域ですので、員林客運のバスで、溪湖まで来ることが出来ます。

夕方4時半と、かなり微妙な時間に行きましたが、それでも数組お客さんがいらっしゃいました。この広い店内が、ピーク時だとあっと言う間に満席になってしまうそうです。

基本の羊肉とお野菜、麺線などはオーダーし、それ以外のお豆腐などトッピングは各自好きなものを取って来ます。

羊のモツたちが、これでもかと並べられています。値段の割に、どの料理も一つ一つの量が多く、かなり満足できると思いますよ。

お肉は柔らかく、ラムの独特の匂いも全く気になりませんでした。調理法にもよるのでしょうが、モツ料理は一部少し匂いがして苦手でしたが、麺線もお鍋も全体的に食べやすい味付けで美味しかったですよ。

お豆腐類がたくさん入っています。

羊肉は赤身が多くてヘルシーです。変な時間に頂きましたが、全員ペロッと平らげてしまいました。

■DATA
阿枝羊肉
514彰化縣溪湖鎮忠溪路226號
定休日なし
営業時間 10:00~20:30

雲林県斗六市のホテルなら勸月商務休間旅館 Moon Area Motelがおすすめ

夕方、羊鍋を頂いたあとは、さらに南下して、斗六市まで行きました。

こちらのホテルは、斗六駅の南西側、台湾省道1丁線沿いにあります。ホテルの周りは繁華街になっており、夜市にも近いですし、スタバもマクドナルドもユニクロも歩いて行ける距離にあります。

今回は友人の結婚式のために、用意して頂いたホテルでしたので、部屋は広く二人で使うにはもったいないくらいでした。

問題は少し蚊が多いことでしょうか。閉めきっていても、ドアの開閉で紛れ込んでくることもあるので、要注意です。

また、名前は一応ビジネス、レジャー向けモーテル、となっていますが、若干造りがカップル向けのホテルになっていますので、お風呂やお手洗いがかなり開放的でした。気にされない方は良いですが、家族や友達と泊まると少し気まずいかも知れません。

■DATA
勸月商務休間旅館
雲林縣斗六市雲林路二段196號
Booking.com
https://www.booking.com/hotel/tw/guan-yue-shang-wu-xiu-xian-lu-guan.zh-tw.html

おわりに

いかがでしたでしょうか?台北とは随分違った雰囲気のある都市ですので、彰化や雲林に来ると、また違う国に来たかのような雰囲気を味わうことが出来ます。基本的には、台北よりかなりのんびりしていますので、都会の喧騒に疲れたら、ぜひ小旅行にお出かけ下さい。次回は雲林で出会った美味しいものを中心にお届けしたいと思います。

台湾の朝ごはんは素朴で美味しい!絶対食べたいおすすめメニュー②

知っておくと便利な、台湾コンビニ事情を紹介!おすすめ商品も!

関連記事

  1. 高雄の旅②フェリーに乗って旗津半島に行ってみよう…

    前回は高雄のランドマークとも言える龍虎塔をご紹介しましたが、今回は少し足を延…

  2. ホテルロイヤルニッコー台北(老爺大飯店)のビュッ…

    日本人が最も多いエリア中山にある、こちらの日航ホテルは、実はとてもお得なビュ…

  3. 日本時代の面影を残すノスタルジックなルイーザコー…

    皆さん台湾というと、烏龍茶や茶藝館を連想する方も多いかと思いますが、今や台湾…

  4. 台南ディープスポット!グルメの街のおすすめ①阿憨…

    台南はなんと言ってもグルメの街です。前回は、赤崁楼付近の有名なお店を数軒紹介…

  5. 奇福扁食なら注文も簡単!日本人なら絶対舌に合う、…

    こちらに来て一ヶ月経ったころ、味が濃く、油っぽい台湾料理にだんだん飽きて来て…

  6. 台北から日帰りで、自然とレトロな風景を楽しむ平渓…

    台北郊外の観光地として、某有名アニメ映画のおかげか九份はもう随分と有名になり…

  7. 台北旅行で乗り放題のカードは必要?実際に検証して…

    皆さん、台北に旅行に来られる際、交通費はどのようにされていますか?よくMRT…

  8. 台南おすすめ観光スポット③安平古堡と観平夕台へ行…

    台南の歴史を感じる、安平古堡へ行って見よう!こちらは赤崁楼と同じく、台南…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP