menu

台南おすすめ観光スポット①まずは定番の赤崁楼と林百貨店へ行こう

台南といえば、台湾の京都のような存在と言われています。日本統治時代の首都でありながら、今もどこか田舎らしいのんびりした南国の風情を残しています。

これまで、台南のグルメ情報を中心にお届けして来ましたので、今回は台南駅から歩いて回れる、おすすめ観光スポットに絞ってご紹介したいと思います。

まずは定番、オランダ時代を彷彿とさせる赤崁楼へ!

台南の観光地としては、一番有名な遺跡だと思います。台南駅南側、民族路二段という大きな道沿いにあります。真夏は厳しいかも知れませんが、基本的に駅から歩いて行けますよ。入場料は大人50元。

歴史としては300年以上前、今の姿とは随分違ったようですが、オランダ人がここにお城を建てたのが始まりだそうで、赤毛城とも呼ばれていたそうです。城の建物部分は、戦争やら火災やらで、原型は留めていませんが、今の建物は清の時代に建てらてたものだそうで十分見応えがあります。

私が訪れたときは、なぜか庭中に可愛い羊さんのモニュメントがたくさん置かれていました。理由はよく分かりませんでしたが、古い遺跡と現代アート風の羊さんのコラボレーションも意外と風景として合っていました。

庭園は綺麗に手入れされ、異国情緒あふれる雰囲気があります。緑が多く、鯉なども泳いでいますので、写真撮影スポットとしては、とても良いですよ。記念撮影はお庭でぜひ。

建物は、海神廟と文昌閣の二棟に分かれています。どちらも内部見学出来ますので、ぜひ入ってみましょう。

壺の形をした、面白い入り口もあります。バックの景色が壺の模様に見える仕掛けでしょうか。細部が凝っていて、建築物としても見ていて面白いです。

奥の建物、文昌閣の二階では学問の神様が祀られています。受験の時などお参りに来る人が多いそうで、私たちも頭が良くなるように?願掛けをして来ました。

神様はとっても怖い顔をしています。中途半端なお願いをしたら怒られそうですね。

台湾の廟ではおなじみの拝拝(バイバイ)という、半月型の赤い木を投げて、一つずつ裏表を向くまで投げます。裏表揃うと学問の神様らしく、ペンが頂けます。

ちなみに古い建物ですので、二階に上がれるのは40人まで、という人数制限があります。あまり多いと危険ですので、電子掲示板に示されている人数を確認してから上がりましょう。

ここを訪れた人たちの、願い事が書かれた札がたくさん掛かっています。すべて叶うと良いですね。

こちらは昔、学校だったそうです。教育機関としても機能していたんですね。

こちらがオランダ時代の基礎部分の遺跡。敷地の奥のほうに残されています。現存しているのはこの部分だけだそうで見どころです。ぜひ探してみて下さい。

敷地内にはお土産物屋さんもあります。烏龍茶だったり、ちょっとした小物があったりしますので、涼しいですし時間があれば休憩がてら見に行ってみて下さい。

◆DATA
台南市中西區民族路212號
定休日なし
営業時間 8:30~21:30

日本時代の建物をリノベーション!お洒落な林百貨店でお買い物しよう

続いては、最新お買い物スポット、林百貨店です。こちらも赤崁楼から歩いて行けるくらいの距離にありますよ。民族路二段を東に戻り、忠義路二段との交差点を南下するとあります。

こちらは日本時代の建物を活用し、リノベーションすることで新しく生まれ変わった、台南の新しい観光スポットです。日本時代の1930年代に、日本人経営者、林氏が百貨店としてオープンさせたそうですが、戦争により、閉店。それ以降は長く空きビルになっていたそうです。それが、2014年にリニューアルオープンとなり、お洒落な雑貨や、服飾などを扱う今の姿になったということです。

名前は百貨店と付いていますが、百貨店というより、今は個性的な商品や台南の文化を発信する施設、という方が近いかも知れません。

正面玄関を入ると、一階は食料品が中心に置かれています。台湾らしいお菓子や調味料など、お土産に喜ばれそうなものが並んでいます。林百貨店は、とにかくパッケージが可愛いですし、見ているだけでも楽しいです。商品自体は、違う店舗でも売られていたりするのですが、林百貨店とコラボしたオリジナルデザインになっていたりして、ここでしか買えないものもありますので、ぜひそうした物を探してみて下さい。

台南の街を歩いていると、林百貨店の紙袋を持っている観光客の人たちをよく見かけます。ぜひお気に入りを見つけて下さいね。

独特ですが、レトロというかなんとも味のあるステッカーです。

創業当時のエレベーターの階表示の針が残されています。今は新しいものに代わっていますので、動いてはいませんが、当時を彷彿とさせますね。当時はまだまだ、エレベーターも珍しい存在だったそうです。

レトロな雰囲気を残したお手洗い。広くはないですが、清潔で、猫脚の椅子が置かれていたり、細部が凝っています。

5階は、レストランやカフェがあります。お買い物に疲れたら、こちらで休憩しましょう。高いかな?と、思ってメニューを見てみましたが、豆花が45元程度でしたので、意外とお手頃ですね。

インテリアも古いものをうまく生かしていて、素敵です。

6階は屋上になっていて、登ってみると台南の街が一望出来ます。ここには、一部戦争中の銃弾の跡が残されていて、戦争の歴史を伝えています。また、文房具などのちょっとしたお土産コーナーもこの階にありますので、そちらも覗いてみて下さい。

こちらは、5階カフェコーナー隣の物販スペースです。小さめで可愛いお菓子が販売されています。

◆DATA
台南市忠義路二段63號
定休日なし
営業時間 11:00~22:00

合成帆布で、おしゃれなキャンバスバッグを購入しよう

こちらに来るまで全く知らなかったのですが、なぜか台南には多くの帆布屋さんがあります。帆布の製品って、耐久性があって、普段遣いにもってこいですよね。台南では数軒のお店が近いエリアに集まっているのですが、今回はこちら、合成帆布さんにお邪魔しました。

林百貨店のすぐ前、東側に延びる中正路を台南駅の方にまっすぐ進むとすぐにあります。お店はパッと見ると、作業場のようにしか見えませんが、可愛いキャンバスバッグが壁やショーケースの中に飾られています。

大きめのトートバッグが売れ筋のようですが、実は小物類もとっても可愛いです。ペンケースや、デスクで使えそうな小さめの小物入れ、ブックカバーなどもあり、棚の隅の方にも掘り出し物が隠れていますので、ぜひあちこち見てみて下さい。

ご主人はただひたすら黙々と作業をされていますが、気に入ったものがあれば見せてくれますし、いろんな色の組み合わせがありますので、遠慮せず聞いてみましょう。お値段は全体的にお手頃です。小物類は200元前後、大きいバッグは300~500元程度ですよ。

私は今回、お弁当入れにも使えそうな小さ目のトートバッグ(200元)を購入しました。ちょっとした用事で外出するのに、携帯と財布だけ入れて持って出たり、荷物が普段から少な目の私には、とても使い勝手が良いです。何より、生地と裁縫がしっかりしていますので、もう半年以上使っていますが、全然型崩れしたりしません。汚れても手入れしやすいですし、おすすめです。

近くに、永盛帆布さんや清隆帆布行さんなど、キャンバスバッグ取り扱いのお店は色々ありますので、時間があれば、帆布屋巡りしてみるのも良いですね。他のお店も覗きましたが、デザインは、個人的に合成布帆が一番気に入っています。でもこれは、好みに依りますので、是非たくさん見て、お気に入りの鞄や小物を見つけて欲しいと思います。

◆DATA
合成帆布
台南市中西區中山路45號
定休日なし
平日 9:00~21:00
土日祝 9:00~19:30

おわりに

いかがでしたでしょうか。まずは台南のランドマーク的な存在である、赤崁楼と林百貨店、そこから歩いて行ける帆布屋さんを紹介してきました。時間がなくて、とりあえず半日で台南を回らなければ行けない、という方はぜひこの辺りを見に行ってもらうと、古い台南と新しい台南、両方を感じられて良いかなと思います。

まだまだ、紹介しきれませんので、次回、よりローカルなエリアもご紹介したいと思います!お楽しみに。

台南のお土産なら、絶品ドライフルーツ蜜餞と手焼きのお煎餅がおすすめ!

台南おすすめ観光スポット②ローカル市場と最新アートセンターを見学してみよう

関連記事

  1. 北投エリアのおすすめ朝ごはん!富記油飯で絶品台湾…

    皆さん油飯(ヨウファン)って知ってますか?私も台湾に来るまで全く知らなかった…

  2. 彰化県北斗の美味しいレストラン。彰化に来たら肉圓…

    前回、彰化の大仏など、観光地をいくつかご紹介しましたので、今回は彰化縣に来た…

  3. 人気のサンドイッチ屋さん北斗本舗洪瑞珍餅店の彰化…

    昔ながらの味で人気の洪瑞珍餅店という、パン屋さんをご存知でしょうか?私も最近…

  4. 高雄の旅①南国の雰囲気たっぷりの都市で人気の龍虎…

    高雄は台湾第3の大都市ですが、台北出身の友人曰く、東京に対する大阪のような存…

  5. 桃園空港に深夜到着したらどうする?第一ターミナル…

    日本と台湾を行き来するLCCの本数が、かなり増えて便利になってきた一方、やは…

  6. 台南ディープスポット!グルメの街のおすすめ①阿憨…

    台南はなんと言ってもグルメの街です。前回は、赤崁楼付近の有名なお店を数軒紹介…

  7. 永康街の大人気店、天津蔥抓餅で絶品のねぎ焼きを食…

    台北に来たら、必ず訪れる場所と言っても良い、永康街(ヨンカンジェ)。台北一の…

  8. 台北の現代美術館「MOCA Taipei 台北当…

    海外旅行に行って、必ず美術館を訪れるという方も少なくないと思います。もちろん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP