menu

高雄の旅②フェリーに乗って旗津半島に行ってみよう

前回は高雄のランドマークとも言える龍虎塔をご紹介しましたが、今回は少し足を延ばして海を渡ったところにある旗津半島についてお話したいと思います。高雄は海に近く、シーフードがとっても美味しい街でもあります。旗津半島にも美味しいお店がたくさんありますので、ぜひお手頃で新鮮な海鮮料理を楽しんで帰って頂きたいです。


旗津半島は西子湾の対岸!すぐに行ける観光スポット

高雄の港の対岸に、かつては半島だった旗津というエリアがあります。左營駅から見るとほぼ真南の方角ですね。今では航路開拓のために完全に切り離されて細長い島となっていますが、港から見える距離ですし、フェリーに乗ってすぐに着きます。トンネルもあるようで車を利用する方はそちらからも行けますよ。

フェリーに乗ってみよう!

鼓山輪渡駅というフェリーポートから高速船が出ています。駅はオレンジ色の線の終着駅、西子湾駅が最寄りです。美麗島という駅の内装が有名な駅から4駅ですね。

駅からは徒歩で簡単にフェリー乗り場まで行けます。1番出口を出たらすぐ左手の麗雄街という道へ曲がり、直進します。麗雄街沿いに茶藝復興というちょっとお洒落な感じのタピオカミルクティー屋さんが左に見えてくれば正解です。

ミントブルーの可愛いカップで提供していて、持ち歩いている観光客も多いですので、目立つと思います。ちなみに味も美味しいですよ!西子湾の当たりはタピオカドリンクのお店が少ないですので、こちらで購入するのがおすすめです。

そして突き当りまで行けば、そのまま右折。200mくらい進むとすぐにフェリー乗り場が見えます。

バイクなども一緒に乗りますので、歩行者はこちらバイクはこちら、と並ぶ列も分かれていますので注意してください。

時期にもよるかも知れませんが混むときはかなり長い列が出来ます。今まで3回訪問していますが、いずれも海岸線に沿ってかなり並びました。ただ、船は頻繁に往来していることと、一船当たりの乗船可能人数は多いようなので、意外とすぐに乗れます。運賃は台北で使っている悠遊カードなどICカードで支払って乗船出来ますのでチャージしておきましょう。

こちらが運賃。大人40元で、悠遊カード支払いなら20元とあります。半額とは嬉しい割引率ですね!

こちらが運行している船です。形が少し違うものもあるようで、何台も次から次へと停泊所に戻って来ていました。フェリーという割にはあまり大きくない、普通の高速船に見えますが安全ですよ。こちらは自動車は乗らず、人とバイク専用です。

船の内部にはつり革があります。それほど揺れるわけではないのですが、席がないときはしっかり持っておきましょうね。

いざ、出発進行!晴れていると風が気持ち良いので、ぜひデッキに上がってみて下さい。

なかなか海外で船に乗ることも少ないと思いますので、楽しいのですが、さすがに肉眼で見える距離にある対岸に行くだけですので、あっという間に10分程度で着いてしまいます。ただ、夕方であれば西子湾に沈む夕日を船上から眺めることが出来ます。とっても綺麗ですので、シャッターチャンスを逃さないようにして下さい!

船上からの夕日です。とても綺麗で、皆さん必死で写真を撮っていらっしゃいました。笑 夜遅くまで運行していますので、夕方に渡るのもおすすめですよ。

旗津半島はグルメの宝庫!美味しいものをたくさん食べよう

旗津側に着くと、すぐに繁華街が広がっています。屋台や飲食店、お土産屋がひしめき合っていて、昼夜問わず混雑しています。

夜市が毎日出ていますので、かなり活気があります。あまり広くはありませんので、一通り見て回るのもそれほど苦労しません。

美味しそうなものも多くて本当に目移りします。

面白い屋台もたくさんありますよ。こちらはさとうきびジュースのお店。台北にもありますが、こちらは生産地も近く、お値段も安くて台北のものよりフレッシュな気がしました。

搾りたてさとうきびジュースの上に、シャーベット状に凍らせたさとうきびジュースを入れて混ぜまぜして冷たくしているようです。私はちょっと青い香りがするので苦手なのですが、日本人でも口に合う味なのだそうです。純粋さとうきび100%ですから、体にも良さそうですね。

大量のさとうきびの絞りカスがあります。友人曰く、片付けず置いたままにしているのは、うちは売れてるよ~~というアピールなのだとか。本当なのでしょうか・・・

それにしてもすごい量ですね。肥料か何かに再利用で使われてそうですね。

こちらはカットトマト。高雄の人々はなぜかトマトを生姜醤油で頂きます。しかも少し砂糖も入っているのか、ちょっと甘じょっぱい感じです。不思議な味なのですが、なんだか癖になりますよ!あと、どうやらトマトはフルーツという分類らしいです。変わっていますねぇ。

フルーツやかき氷もあるお店でトマトも売られていました。結構流行っているようで、席を見つけるのも一苦労です。美味しかったですよ、ごちそうさまでした。

また、海に囲まれたエリアですので、魚介類は新鮮でお手頃で食べられます。屋台で串焼きや唐揚げもたくさんあります。海鮮料理を専門とするレストランも多いですよ。

今回と前回、二回お邪魔したのはこちらの鴨角活海産さん。お昼時だったせいか大賑わいです。店頭に並べられたシーフードを選んで店員さんに伝えて注文するスタイルです。

炒める、揚げるなど調理方法も選んでお願い出来るそうですが、中国語が出来ないとちょっと苦しいかも。指差しや筆談でも皆さん優しいので聞いてくれますが、慣れていない場合はおまかせで頼んでも間違いなく美味しくしてくれますよ!

店内の様子です。席は多くかなり広いです。飲み物は後ろの冷蔵庫からセルフで用意します。よくある台湾のレストランの形式ですが、清潔でお手洗いも十分抵抗なく使える範囲でしたよ。

こちらが頼んだ料理の一部。カレー風味の炒めものや唐揚げなど、癖がなくどれも新鮮で美味しかったです!時々苦手な漢方系の味付けに当たることも台湾ではよくあるのですが、こちらのお店はどれも食べやすく、シンプルな味付けなのでおすすめです。

台湾は貝料理が多い気もします。生で食べることはほぼありませんが、日本では見たことないような巻き貝などを、軽く油炒めしたものを塩コショウで頂いたりします。お魚となると白身魚が一般的ですね。どちらも臭みは全然なく日本人の舌に合うと思いますよ。おすすめです!

旗津海水浴場で夕日を眺めよう

繁華街を抜けると、海水浴場が広がっています。実際泳いでいる人はあまりいませんが、ビーチバレーを楽しんでいたり、若者グループがのんびり集まっていたりします。人は多いですが、混雑していることもなく、綺麗な景色を見ながらお散歩するのもとっても気持ちいいですよ。

海岸線に邪魔されて、ちょうど沈むところは見えませんでしたが、夕日が綺麗に映えていました。たくさんの人がいますね。皆さんリラックスモードです。

ビーチサッカー集団です。若くて楽しそうで良いですね~。

まとめ

いかがでしたでしょうか。高雄の中心部から少し離れて対岸に渡っただけで、またちょっと雰囲気も変わって良いですよね。旗津はフェリーで簡単にしかもお安く行けますので、ぜひ高雄観光の際は訪れてほしいと思います。次回は、高雄中心部の観光スポットやグルメ情報をお伝えしたいと思います。ありがとうございました。



高雄の旅①南国の雰囲気たっぷりの都市で人気の龍虎塔に登ろう

台北桃園空港第一ターミナル無料シャワー②到着エリアのご紹介

関連記事

  1. 台北からちょっと小旅行!台中、彰化県、雲林県への…

    今回はたまたま友人の結婚式がありましたので、台中と彰化、雲林県斗六市へと、珍…

  2. 台湾一有名な麺線屋!阿宗麺線はやっぱり美味しい!…

    台湾のガイドブックの、グルメのページを開くと必ず載っているのが、こちら阿宗麺…

  3. これさえ覚えれば簡単!台湾の屋台から揚げ、鹹酥雞…

    台湾に来て一番初めにはまった食べ物が、屋台の唐揚げでした。日本ではそれほど揚…

  4. 台北から日帰りで、自然とレトロな風景を楽しむ平渓…

    台北郊外の観光地として、某有名アニメ映画のおかげか九份はもう随分と有名になり…

  5. 台北の夜景を望む、お洒落なレストランTHE TO…

    台北市の北部、陽明山に、若者が集うお洒落なリゾート風レストランがあるのをご存…

  6. 台湾の鼎泰豊はやっぱり美味しい!並ばずに入れる穴…

    台湾旅行に来て、最初に食べるご飯が鼎泰豊の小龍包という方も多いのではないでし…

  7. 台北の現代美術館「MOCA Taipei 台北当…

    海外旅行に行って、必ず美術館を訪れるという方も少なくないと思います。もちろん…

  8. 永康街の大人気店、天津蔥抓餅で絶品のねぎ焼きを食…

    台北に来たら、必ず訪れる場所と言っても良い、永康街(ヨンカンジェ)。台北一の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP