menu

台南おすすめ観光スポット②ローカル市場と最新アートセンターを見学してみよう

今回は、台南観光のおすすめスポット第二弾です。前回は、定番の赤崁楼と林百貨店をご紹介いたしましたので、今回はもう少しローカルでディープなエリアを紹介していきたいと思います。

下町の市場に出かけてみよう!

台南市内には、中心部に永樂市場という、下町情緒たっぷりの市場があります。せっかく台南まで来たら地元の人たちに混じって、観光地とはまた違う、台南の日常の雰囲気を感じてみて下さい。こちらへは、赤崁楼の前の道、民族路二段を西に行くとあります。古いアパートのような建物に、永楽市場と、大きな金文字で書かれています。以前は、その建物全体が市場として機能していたのでしょうね。

この辺り一帯は一日中活気のある場所ですが、宿泊するホテルが近いようでしたら、歩いて朝ごはんを食べに行ってみて下さい。昔ながらの台湾の日常を実際に体験出来ると思います。

青果店が出ています。台北と比べてもやっぱり安い!産地が近いのもあると思いますが、新鮮で美味しいですよ。置き方が雑なのも良いですね。

こちらは青草茶を販売しています。よく砂糖入りの甘いものを見かけますが、こちらはハーブティ専門のお店のようで、余計な甘みはついていません。ミントのような味で朝から飲めば、頭もすっきりしそうです。苦茶は本当に苦そうで、怖くて手出しできませんでした。体にはすごく良さそう。

昔ながらのサンドイッチ屋さんです。豆乳や米漿(ピーナッツとお米の飲み物)といった、定番の朝のドリンクも置いていますね。甘めの味付けで、懐かしい感じがします。

ここの市場は、名物の牛肉湯のお店も何軒かあります。地元民曰く、どこで食べても外れなく美味しいそうですし、何より安いですので、何軒か食べ比べしてみてもいいかも知れませんね。

こちらの果物屋さんは、とってもお安く、店頭でしぼりたてジュースなども売られていましたよ。真夏の台南はかなり暑いですので、フルーツでミネラルと水分をしっかり補給して下さいね!

私たちはこの中の古いアパート(市場の上!)に宿泊していました。Airbnbを利用したのですが、なんとも雰囲気のある場所でしたよ。日中でも薄暗く、好き嫌いは分かれるかも知れませんが、タイムスリップしたかのような感覚を味わえる不思議なアパートでした。

airbnb利用ですので、いつも空室があるわけではないですが、機会があれば、こういった昔からある建物にも泊まってみて下さい。自分たちのおじいちゃんおばあちゃん世代の生活を体験しているような、不思議な感覚になります。おすすめですよ。

二階には神様も祀られていました。商売の神様でしょうか。今は集合住宅となっていますが、以前はお店だったのでしょうか?

一見すると、廃墟のような、ちょっとびっくりするような見た目ですが、皆さんちゃんと生活されています。暑いからでしょうか、ドアを開けたまま床の上で昼寝をしていたり、自宅の前に椅子を置いて涼んでいたり、皆さん本当に自由ですが、昔の下町の生活はこんな風だったのでしょうね。私たちの泊まったお部屋も、可愛いインテリアでコーディネートされていましたし、思ったより、外の喧騒も気にならずに、よく眠れました。

若者が集まる、藍晒圖文創園區アートセンターで最新アートに触れよう!

こちらは、最近整備されたエリアで、モダンアートとショッピングエリアが合体したような施設です。正式名称は、藍晒圖文創園區 BLUE PRINT CULTURAL&CREATIVE PARKです。場所は新光三越台南新天地店のすぐ向かいで、台南駅からは南西側になります。永楽市場と赤崁楼の間にある、大きい西門路二段を南下すると着きます。

入り口には、青い家を模した現代アートがあります。自由に入ることが出来ますし、写真を撮っている若者も大勢いました。こちらの施設は全体的に青と黄色がテーマカラーのようです。統一感があって、綺麗でした。台北の華山のような雰囲気でしょうか。

自然と建築の融合がテーマでしょうか?日本的な押入れや、鴨居の説明なども見えます。

こちらは郵便ポストがテーマのよう。配達しようにも、手が届かないですねー。

椅子や自転車、ピアノなど、全てのインテリアは青で表現されています。

陶芸で有名な陶作坊も出店しています。烏龍茶の販売もしていますよ。

その他、ジェラート屋さんやカフェ、レストランなどもあり、ゆっくり休憩出来ます。建物のデザインは、全体的に日本時代の建築を意識した造りになっているのか、瓦屋根の平屋などデザインが面白いものが多いですので、見て回るだけでも十分楽しいです。

商品のお値段は全体的にややお高め。台北もそうですが、台湾はどこでも新しいエリア、お洒落なエリアは日本以上にかなり高めの価格設定な気がします。

あと、こちらはフォトジェニックな場所がたくさんありますので、観光客の外国人でしょうか?若い女の子たちが一生懸命セルフィーを撮っていましたよ。

晴れた日はとくに色が映えて綺麗です。

こちらの青い不思議なお化けのような子が、この施設のキャラクターのようですね。BLUESくんというようです。入り口に3mくらいありそうなBLUESくんのモニュメントが建っていましたが、大きすぎて、上手く写真が撮れませんでした。(汗)

とくに気に入ったのは、こちらのお店。聚珍台灣というお名前の本屋さんです。

本屋さんですが、一階は雑貨が中心で、台湾や、台南をテーマにした可愛い文房具などがたくさん売られていました。こちらで友人は藁半紙で出来た、味のある手帳型のノートを購入。日本人の友人のプレゼント用にも購入していました。

二階は少し面積が狭いです。階段も急ですので、お気を付けて。内装は古書店風でしたが、実際は新書を置いています。台湾の歴史や政治の本など、少し堅い内容のものが中心でした。

こちらは、施設の入り口に一番近いところにある、cheer for 趣活藍晒図というお店です。飲食スペースとお土産コーナーが併設されています。メニューにはお蕎麦など和食が中心でした!

こちらの店舗は面積がかなり大きいです。物販エリアは雑貨が中心で、こちらも特徴のある可愛いものがたくさん置いてありました。素敵なお土産が見つかると思いますよ。

おわりに

いかがでしたでしょうか。観光地とはまた違った雰囲気の場所も、見てみると面白いですよね。永楽市場はとくに、交通の量が多いですので、行かれる際は、バイクなどに十分気を付けて楽しんで頂きたいと思います。グルメ情報のページでもご紹介しましたが、美味しいローカルグルメもたくさんありますので、合わせて、台南旅行を満喫して下さいね。また次回は、海側の安平區を中心とした見どころをお伝えしたいと思います。お読み頂き、ありがとうございました。

台南おすすめ観光スポット①まずは定番の赤崁楼と林百貨店へ行こう

台南おすすめ観光スポット③安平古堡と観平夕台へ行ってみよう

関連記事

  1. 彰化県北斗の美味しいレストラン。彰化に来たら肉圓…

    前回、彰化の大仏など、観光地をいくつかご紹介しましたので、今回は彰化縣に来た…

  2. 台北の現代美術館「MOCA Taipei 台北当…

    海外旅行に行って、必ず美術館を訪れるという方も少なくないと思います。もちろん…

  3. 台南のお土産なら、絶品ドライフルーツ蜜餞と手焼き…

    台南旅行のお土産なら、やはり現地でしか買えないものが良いですよね。日本では、…

  4. 台北からちょっと小旅行!台中、彰化県、雲林県への…

    今回はたまたま友人の結婚式がありましたので、台中と彰化、雲林県斗六市へと、珍…

  5. 北投エリアのおすすめ朝ごはん!富記油飯で絶品台湾…

    皆さん油飯(ヨウファン)って知ってますか?私も台湾に来るまで全く知らなかった…

  6. 永康街の大人気店、天津蔥抓餅で絶品のねぎ焼きを食…

    台北に来たら、必ず訪れる場所と言っても良い、永康街(ヨンカンジェ)。台北一の…

  7. 台湾で新鮮な野菜を安く買うなら、絶対、朝市に行こ…

    台湾の夜市は、観光地としても有名なところが多いですので、行ったことがある方も…

  8. お土産なら、台湾のお菓子メーカー義美 IMEIが…

    義美食品(IMEI Foods)は台湾で最も有名な食品メーカーの一つで、台湾…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP